メタボリックとBMI 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックとBMI

メタボリックシンドロームの予防に重要なのは、肥満に陥らないことですが、どのくらいの体重から肥満となるのでしょうか?メタボリック検診では、肥満度の認定に腹囲(くびれの部分ではなく、おへその高さで測定)を採用していますが、体重と身長から肥満指数計算し、肥満度を知ることもできます。
肥満指数(BMI)は 体重[キロ] ÷ ( 身長[メートル] × 身長[メートル] ) で計算することができます。この公式で計算された数値が25を超えれば肥満ということになります。体重というのは脂肪だけでなく骨の太さなどの要因もありますが、BMIが25を超えたら念のためにメタボリックシンドロームの検診を受けてみたほうがいいでしょう。肥満指数が高いからといってメタボと診断されるわけではありませんが、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因のひとつに肥満があるといわれいますし、メタボリック検診によって早期発見ができるかもしれません。
BMI指数25以上でメタボリックの可能性がでてきますが、肥満度は1から4までの4段階になっています。もちろん、肥満度があがるにつれ、メタボリックの危険度が上がります。BMIによる肥満度は[肥満度1:25-30][肥満度2:30-35][肥満度3:35-40][肥満度4:40以上]ですが、あなたの肥満度はメタボレベルに達していませんか? 


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品