子供のメタボリック 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

子供のメタボリック

子供のころは、栄養のバランスもカロリーも考えずに好きなだけ食べていた方も多いと思いますが、最近では子供の肥満、子供のメタボリックも増えてきています。中高年だけがメタボリックに注意すればいいというわけではないのです。
最近、子供の高脂血症が増加してきていて、さらに肥満が加わるとメタボリックシンドロームということになります。日本とアメリカの子供で血清脂質値(血液中の各コレステロールや中性脂肪の量)を比べると、日本の子供の方が上回っているとうデータがあり、メタボリック予備群の子供は多いようです。血液中の脂質が増えると、動脈硬化が進んでしまい、メタボリックシンドロームが悪化していきます。子供のメタボリックの原因は大人が防ぐことができる部分が大きくあります。メタボリックの原因になる食生活で、子供の身体に見合わない量のアイスやチョコレート、ジュースなど糖分の摂りすぎ・肉やバターなど脂肪酸の摂りすぎなど家族で気をつけていきましょう。日本の社会全体の食生活の変化や、子供に与えることができるおやつの量が変わってきた以上、昔と同じように好きなものを好きなだけ食べさせていては、子供たちをどんどんメタボリックにしてしまいます。子供たちをメタボリックにしないために、食育に力を注いでいきたいものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品