隠れメタボリック 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

隠れメタボリック

隠れ肥満があるように、隠れメタボリックだってあります。隠れ肥満は、着やせするとかパッとみ分からないとか言われますが、隠れメタボリックはどうでしょうか。
メタボリックの肥満は、リンゴ型が多いといわれています。メタボリック肥満は内臓脂肪だとお話しましたが、身体全体を見てお腹の部分が膨らんでいる状態がリンゴの形ということです。。通常の肥満は下半身やおしりに脂肪が付きますから、洋ナシ型と呼ばれます。体重の重さやBMI値にかかわらず、リンゴ型の体型であればメタボリック診断を受けてみたほうがいいでしょう。
メタボリックシンドロームの肥満の調べ方は、一般的には腹囲、おへその周りの長さで調べています。おへそが極端に低い位置にある場合は、肋骨と骨盤の真ん中あたりで測定します。腹囲の長さが【男性85センチ以上・女性90センチ以上】に満たなくても、またリンゴ型でなくとも、腹部CTを撮ってみると内臓脂肪がたっぷり付いた隠れメタボリックである可能性はあります。少なくとも洋ナシ型か、リンゴ型かと比べてリンゴの方だと感じるなら思い切ってメタボリック検診を受けるか、内臓脂肪を落とすための努力を始めることをおすすめします。メタボリック検診の目的は、メタボリックであるという診断ではなく、それがもとになって発症してしまう病気の予防です。張り切って運動しなくても、簡単なメタボリック対策として、階段など歩く機会をできるだけ増やす・間食を控える、おなかいっぱいまで食べないなど、日々の小さな努力をはじめてみませんか?


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品