メタボリックの基準 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックの基準

メタボリックシンドロームは、代謝異常から来る肥満である【内臓脂肪型肥満】と同時に【高血糖】【高血圧】【高脂血症】のうち2つ以上が発症した状態をいいます。メタボリックシンドロームの診断基準は国によって違います。ヨーロッパと日本では違う基準を持っているのです。
日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、【肥満認定:腹囲(おへそのまわり)が男性85cm以上、女性90cm以上であること】この肥満認定を満たした上で、【高血糖認定:空腹時血糖値110mg/dl以上であること】【高血圧認定:最高(収縮期)血圧130mmHg以上または、最低(拡張期)血圧85mmHg以上】【高脂血症認定:トリグリセリド(中性脂肪)値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満】これらの基準のうち2つ以上を満たすことでメタボリックシンドロームと診断されます。
メタボリックシンドロームの第一条件である肥満ですが、現在は腹囲で判定されています。腹部CT検査での判断が確実なのですが、健康診断などでも容易に診断できるように腹囲による判定が採用されています。メタボリック判定の腹囲は内臓脂肪の面積100平方センチに相当する数値であるといわれています。脂肪がつまった1辺10センチの箱がおなかの中に入っているのを想像してください。充分に身体に悪そうだと感じることができるのではないでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品