メタボリック健診とは 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリック健診とは

メタボリックシンドロームの危険性が認知され、生活習慣病に対する世間の意識の高まりと共に、国もメタボ対策に取り組んでいます。メタボリックシンドロームに陥ってる人や、メタボへの道を突き進んでいる人が、早めにメタボに気づき、対応できるように「特定健康診査・特定保健指導」が平成20年4月から義務化されました。対象者のほとんどがメタボだと診断されるのではないかなどと、テレビや雑誌などでも盛んに取り上げられたメタボ検診です。メタボリックシンドロームの危険度が増す40歳以上の医療保険加入者が対象となっています。
メタボリック検診を行うのは各健康保険組合などの医療保険者で、メタボリックシンドローム該当者だけでなく、その予備群に対しても6ヶ月間の特定保健指導を行うことになっています。特定保健指導では、メタボの度合いによって医師、管理栄養士、保健士との面談で食生活や運動などの実践的な指導や電話やメールによる励ましなどが行われます。グループでの面談もあり、仲間意識を育てることによりメタボ対策を完遂できるように支援しています。
メタボリックシンドロームから抜け出すためには、適度な運動とバランスの良い食事が効果的だといわれています。運動や食事を見直すのはなかなか大変です。特定保健指導の力を借りてじっくり取り組んでみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品