メタボリックとタバコの関係 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックとタバコの関係

メタボリックシンドロームだけでなく、身体の健康にとって煙草は大敵といわざるを得ません。愛煙家のみなさんにとって、ココロの健康のために煙草は無くてはならない存在だと思いますが、人間の体内においては煙草はストレスそのもの。メタボリックにとって大きな悪影響を与える存在です。
メタボリックシンドロームや人間の身体にとって、煙草がどのようなストレスを与えているかを考えて見ましょう。まずは、メタボリックと密接な関係にある血圧についてです。
煙草に含まれるニコチンや一酸化炭素は、血管を収縮させ血圧をあげてしまいます。さらに血液中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らしてしまう作用もあり、メタボリックシンドロームの人や、その予備群の人が煙草を吸う事は合併症のリスクを非常に高めてしまうことになります。また喫煙者には内臓脂肪型肥満が多いというデータもあります。
まさに煙草は「百害あって一利なし」といわれるように、メタボリックシンドロームの進行にまで影響を与えているのです。煙草を吸うことで解消されるストレスと、煙草を吸うことで削られるあなたの健康と天秤にかける価値はあるでしょうか?考えている間にもメタボリックシンドロームを引き起こす生活習慣病は着々と進行しているのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品