メタボリックと危険因子 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと危険因子

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満と、生活習慣病が複数発症している状態ですが、生活習慣病の重複によってさらに重大な病気にかかるなど命の危険が高まります。生活習慣を見直さないまま、どんどん悪化していく様子をドミノに例えてメタボリックドミノと言ったりします。倒れ続けていくメタボリックドミノが止まるとき、それは死ぬときということです。
メタボリックと心疾患(心筋梗塞・狭心症など)の関係を見てみましょう。心疾患を発症する人のうち、【肥満】【糖尿病】【高血圧】【高脂血症】の4つの危険因子を持っていない人を1とした場合、持っている人の発症率は5倍になるといわれています。メタボリックであるだけで危険度を上げていることがわかります。さらに危険因子が2つになると5.8倍に、3つになると35.8倍にまで跳ね上がります。メタボリックシンドロームはまさにドミノの駒というわけです。
また、この生活習慣病は自覚症状がでにくく、メタボリックシンドロームと診断されて初めて糖尿病・高血圧・高脂血症であることがわかることも少なくありません。つまり、よくない生活習慣を直せないまま、あなたの中でメタボリックドミノが走り続けているかもしれないのです。メタボリックと危険因子の掛け算に巻き込まれてしまわないように、正しい生活習慣をこころがけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品