ストレスがメタボリックを呼ぶ 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

ストレスがメタボリックを呼ぶ

メタボリックシンドロームにいたる原因は、運動不足・体質・年齢・遺伝・暴飲暴食など色々あります。しかし、メタボリックに注目した場合、身体の変化だけでなく、ココロの部分も大きく作用することが分かっています。


強いストレスを感じる環境は、血中コレステロール値を上げたり、過剰な食欲を感じさせたり、身体に変化をもらします。血中コレステロール値が上がるということは、メディアでよく取り上げられている【血液ドロドロ】の状態を作り出してしまい、メタボリック診断でも使われる高血圧を引き起こしてしまいます。高血圧は血管や心臓に大きな負担をかけてしまい、ドロドロの血液は血管を傷つけ続け、メタボリックシンドロームである生活習慣病の発症を促します。


メタボリック検診が始まる40歳前後は、職場でも家庭でもストレスが高まっている年代です。ストレスを上手に発散しないと、メタボリックに更なる悪影響が及ぼされる可能性があります。メタボリックに一番悪いストレス発散方法は、暴飲暴食ではないでしょうか。ただでさえ、ストレスによって内臓の機能が衰えているところに、大量の食料を消化するという過酷な環境を強いることで、体内には多くの脂質や糖質があふれ、メタボリックの要因のひとつである肥満を引き起こしてしまうのです。メタボリックのことを考えるなら、なんとかして運動でストレスを発散しておきたいものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品