メタボリックと高血圧 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと高血圧

メタボリックシンドロームの合併症にある高血圧。心臓から送られる血液が血管の内側を押すときにかかる圧力が正常範囲を超えて高く維持される状態で、血管の弾力が無くなったり、血圧を下げる物質の分泌のために動脈硬化の原因になり、さらにメタボリックシンドロームのコレステロールが加わって血管に重大な悪影響を与えてしまいます。
高血圧のマイナス効果は特に大きな血管(脳動脈や大動脈)に影響が出やすく、高血圧の原因にもなるメタボリックには気をつけておかなければなりません。他にも動脈硬化が原因となる疾患には、心疾患・脳血管疾患などがあり、これらにもメタボリックの内臓脂肪は悪影響を与えることが分かっています。
メタボリックシンドロームは40歳以上がメタボ検診の対象になっているように、中高年からより気になる存在になってきますが、動脈硬化は10代でも進行しているかもしれない病気です。幼い頃からの食生活や生活習慣によって高脂血症とまで行かなくとも血中コレステロール値が上がれば、血管を痛め続けていくことになります。メタボリックシンドロームの診断を受ける頃には、血管はクタクタのボロボロかもしれません。メタボ=中年という気持ちがあるかもしれませんが、生活習慣の積み重ねがメタボリックシンドロームに発展します。若い頃から将来のメタボリックについて意識しながら生活していきたいものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品