メタボリックと心疾患 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと心疾患

メタボリックシンドロームにより起こりやすい疾患のひとつに心疾患があります。心疾患とは心筋梗塞や狭心症などでメタボリックシンドロームと密接な関係があるといわれています。メタボリックシンドロームによって不安定になった代謝が血液をドロドロにし、冠状動脈が塞がれてしまうと心疾患を引き起こしてしまいます。
心筋梗塞や狭心症は、日本人の死因の第2位となっており、それを引き起こすメタボリックを改善する対策に力が入れられています。メタボリックとは本来代謝を意味する言葉ですが、代謝がうまくいかずに内臓に脂肪を貯めてしまった状態を指し、それが原因で発症しやすくなる病気を総称してメタボリック症候群と呼んでいます。そのメタボリックは心疾患の原因である動脈硬化などの血管の異常に強く影響を与えること、心疾患は人の死に直結することなどから、内臓脂肪を落とし代謝を整えるメタボリック対策にはこんなにも力がいれられているのです。
メタボリックの原因となっている、コレステロールを溜めないようにし、血管の流れをスムーズにすることでメタボリックの改善を目指せば、心疾患の予防にもつながるのです。心疾患の予防は、心臓に流れる血液の循環をよくし、血管を正常な状態に近づけること。メタボリック対策で内臓脂肪も心疾患も予防し、健康を維持することができます。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品