メタボリックと睡眠障害 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと睡眠障害

メタボリックと睡眠に、密接な関係があることはご存知でしょうか?睡眠をおろそかにすると、メタボリックに重大な影響を与えてしまうのです。また、メタボリックが睡眠障害を引き起こす原因にもなっているのです。
睡眠時無呼吸症候群がメタボから与えられる影響は、ずばり肥満です。首周りについてしまった脂肪が睡眠を妨害し、不十分な睡眠は肥満につながり、メタボリックに影響を与えてしまいます。また、メタボリック診断に使われる生活習慣病のうち、高血圧の人の4割が不眠を訴え、その3割は睡眠時無呼吸症候群であるというデータがあります。さらに糖尿病にかかっている人も6割が不眠状態で、不十分な睡眠が血糖値を上げてしまい、食欲が不安定になり栄養バランスが崩れたり、不眠によるストレスが長く続いたり、メタボリックシンドロームへの道を一直線に進んでしまいます。
メタボリック対策で有名な、適度な運動と、バランスのとれた食事。これに是非、充分な睡眠を加えてメタボ対策を万全なものにしておきましょう。快適な睡眠を求めることで、メタボリックシンドロームを予防するための正しい生活習慣に近づくことができます。食事・運動だけでなく、睡眠にも目を向けて、メタボリックシンドロームと戦っていきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品