メタボリックと年齢の関係 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと年齢の関係

メタボリックシンドロームの可能性は、40歳を境にして大きくなるといわれています。なぜ40歳なのでしょうか?
男女共に40歳を超えると身体が大きく変わってきます。メタボリックに大きく作用する基礎代謝量が減少しますから、食事の量を減らしたり、運動量を増やしておかないとあっという間に「こんにちは、肥満さん」ということになります。特に女性は40代というと閉経もあって脂肪がつきやすくなり、更年期に入る頃にはメタボリック対策を意識したほうがいいかもしれません。他にも、慢性的な運動不足や、加齢による筋力の衰えから基礎代謝量はどんどん減少してしまいます。同じ食事量でも、ともすれば少な目の食事量にしていても、脂肪が蓄積されていき「こんにちは、メタボさん」になりかねません。
40代の男性といえば、会社でも役職がついたり重要な立場になることが多く、メタボリックに悪影響を与えるストレスが溜まりやすくなるでしょう。残業や飲み会などによる不規則な食生活と飲酒習慣もメタボリックシンドロームに拍車をかけます。今までどおりの生活を続けてきただけなのに、いつの間にかメタボリックになっていた、という話も多いですね。しかし、身体の変化に合わせて生活習慣が変わっていないのなら、メタボリックの可能性は上がっていく一方です。40代を越えたなら、さらに基礎代謝が減少していく未来を見据えてメタボリックを意識しておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品