メタボリックと脳血管疾患 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリックと脳血管疾患

メタボリックが引き起こす疾患のなかでも、重篤なものに脳血管疾患があります。脳血管疾患とは、脳梗塞や脳出血などを指し、脳内の血管の異状によって発症し、死に直結することもある疾患ですが、メタボリックが原因になっていることが多いといわれています。
メタボリックが脳内の血管に影響を与える理由は、コレステロールです。脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり血栓ができたりして血液が滞る病気で、脳出血は、脳の血管が破れてしまい脳内に血液が広がってしまうものです。どちらも血管が弱っていたり、血液がドロドロになっていると起こりやすくなりますが、メタボリックシンドロームがドロドロの血液を作ってしまい、この疾患を応援してしまうのです。脳の細胞は、毎日減り続けていて、増えることはありません。メタボリックシンドロームは、その大事な脳細胞を壊す手助けをしてしまうことになります。メタボリックシンドロームにつきものの内臓脂肪には大量のコレステロールが蓄えられていますが、血管や血液にダメージを与え動脈硬化を促進してしまうコレステロールを悪玉コレステロールと呼んだりします。
血管の中で、悪玉コレステロールが血管の壁にくっついてしまうことがありますが、メタボリックだと血管中のコレステロール値も上がっていますからくっつきやすくなってしまいます。血管の壁からコレステロールを排除するために分泌されるマクロファージはコレステロールだけでなく血管まで退治してしまおうとして、血管を弱らせ、脳血管疾患の危険を高めていくのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品