睡眠時無呼吸症候群とメタボリック 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

睡眠時無呼吸症候群とメタボリック

メタボリック(内臓脂肪型肥満)が引き起こす症状の中で、ダイエットによって比較的容易に改善できることがあるのが睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害の一種で、必ずしもメタボリックが原因で発症するわけではありませんが、首周りに多くの脂肪がついてしまっている場合は、脂肪によって気管が圧迫されることによって、睡眠時に正常な呼吸が難しくなっているかもしれません。長く眠っても疲れが取れなかったり、日中に強い眠気を感じたり、メタボリックの疑いがあるならば、睡眠時無呼吸症候群も疑ってみた方がいいでしょう。
メタボリックシンドロームの生活習慣病と、睡眠時無呼吸症候群などで充分な睡眠が取れていない状態は強い関係があるといわれいます。充分な睡眠がとれないことで肥満が進行し、高血圧・高脂血症や糖尿病の原因になったりするのは、メタボリック→生活習慣病の図式です。また、高血圧・高脂血症状・糖尿病の人は、睡眠時無呼吸症候群に陥っていることが多いことも分かっています。他にも、メタボリックの合併症には通風や、脂肪肝、脳血管疾患など様々な疾患があります。
メタボリックを解消することで、睡眠時無呼吸症候群を予防もしくは改善したり、快適な睡眠を得る手助けになります。メタボリックを退治して、生活習慣病の危険や睡眠の障害を取り除きましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品