メタボリック 死の四重奏 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

メタボリック 死の四重奏

メタボリックシンドロームは、以前は【死の四重奏】と呼ばれていました。


【死の四重奏】の4人組は【肥満】【高血圧】【高脂血症】【糖尿病】の生活習慣病で、現在ではメタボリックシンドロームと呼ばれています。これらの病気は、単体での発症もありますが、一つみつかると、二つ、三つと芋づる式に見つかる事が多く、メタボリックシンドロームのなかでも、重複するごとに危険度が上がっていく疾患です。


【死の四重奏】の中でも、メタボリック(内臓脂肪型肥満)は見た目でもわかりやすく、隠れ肥満を除けば自覚症状が出やすいといえます。そのほかの高血圧・高脂血症・糖尿病は、自覚症状が出にくいため、メタボリックの可能性がある人は、あわせて検査をしておくことをオススメします。


メタボリックシンドロームで恐ろしいのは、何の前触れもなく脳梗塞や心筋梗塞を起こし、生命の危機にさらされることです。メタボリックになっているのに、何も対策をしないまま合併症が進んでしまい、より重大な病に発展することが多くあります。


発症する前に予防するために、メタボ検診が生まれたのです。メタボリック検診を受けなくとも、自宅でもできる血圧のチェックや、血液検査など予防に対する意識を高めていきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品