男性のメタボリック対策 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

男性のメタボリック対策

男性にも女性にも、平等にメタボリックシンドロームの可能性はあります。メタボリックを解消するために、バランスのとれた食事を、食べ過ぎない程度に食べることが必要です。メタボリックへの取り組み方に男女差がでてきてしまうのは、食事についてが多いでしょう。男性の場合、食事を自分で用意している人が圧倒的に少ないということ、会社の付き合いにお酒や外食が含まれてしまうことなどから、メタボリック対策を外食中心に考えなければなりません。
外食するとき、いつも同じものを食べていませんか?ついつい好きな食べ物を、しかも好きなだけ食べてメタボリックの肥満を応援している人、多いと思います。外食は、味付けも濃いことが多くどんどんご飯がはいりますし、家庭料理のようにコレステロールを意識した油を使ったり、栄養バランスのために品数を増やしたりしていることは稀で、メタボリックには大敵です。さらに夜の外食となると、アルコールが入ってきて、さらにメタボリックに大きな影響を与えます。
脂肪と炭水化物をエネルギーにして、人間の身体は活動していますが、過剰なエネルギーの分が中性脂肪として溜まっていき、メタボリックに発展します。ご飯に晩酌がつけば、アルコール分を分解される時にも中性脂肪ができてしまいます。メタボリックでなくても、お酒は太るというイメージがあるのはこのためです。すでにメタボリックに陥っている状態で、配慮のない外食を続けていると生活習慣病の危険が高まります。特に男性のメタボリック対策で気をつけてほしいのは、食事や飲酒の際に、食べ過ぎない・飲み過ぎないという意識です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品