女性のメタボリック 〜 メタボリックシンドロームの診断基準

main_top_over_navi
main_top

女性のメタボリック

メタボリックシンドロームの症状は、男女差があります。メタボリックシンドロームの生活習慣病の一つ、高脂血症は、原因として遺伝・肥満・食べすぎ・運動不足・糖尿病がコントロールできていない場合などがありますが、これは男女共に変わらない部分です。
女性がメタボリックシンドロームで特別苦労しなくてはならないのは、更年期の身体の変化による影響です。更年期に入ると、以前と同じ食事や運動量でも、コレステロール値が上昇しやすい身体になってしまい、メタボリックと診断されることが多くなります。
40歳を越えたころから女性のコレステロール値が上がる原因は女性ホルモンの減少で、「今まで通り」を続けていただけで、メタボリックシンドロームに陥ってしまう可能性があります。
更年期の症状がでたり、40代を折り返した女性はメタボリック対策を施す必要があります。例えば、料理はメタボリックを意識したメニューにするといいでしょう。肉より魚をメインにしたり、食物繊維やビタミンE・ビタミンC・カロチンを積極的に摂取するメニューで食べ過ぎないように、ジュースやアルコールは摂りすぎず、適度な運動を心がけてください。更年期は、ホルモンバランスの変化から精神が不安定になることがあり、ストレスからメタボリックが悪化しないように、家族の理解も大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 メタボリックシンドロームの診断基準 All Rights Reserved.

投資信託商品